top of page

終了しました「小さなCHRISTMAS」

更新日:2022年12月12日

Junko Kato Exhibition

2022年11月30日(水)〜12月4日(日)りんがふらんか城ヶ崎文化資料館


ありがとうございました。

クリスマスの時期に、小さなクリスマス展を2つ、開くことができました。


4日前の11月26日(土)には、りんがふらんかのご近所にある伊豆高原教会のクリスマスマーケットでも小さなクリスマスの原画展を開く恵みがありました。教会での展示ははじめてのこと。クリスマスマーケットなので、他にもリース作りや、木工作品などのグッズの販売、パンやクッキー、こだわりコーヒー&紅茶がいただけるカフェコーナー、子どもの工作コーナーなど、盛りだくさんでした。”展示”というより、みんなでわいわい、とても楽しいひとときでした。「はじめて教会に入りましたよ」という方もいらっしゃって、そんな新たな一歩のきっかけにもなって嬉しかったです。教会で皆さんとクリスマスの集いがもてて、ほっと、心が喜ぶ1日でした!


つづいて、りんがふらんかでの「小さなCHRISTMAS」

実は、展示のお話は2週間ほど前にいただきました。せっかくの機会を感謝して、準備はままなりませんが、あるがままでいこうと。クリスマスですから。


2つのクリスマス展を見に来てくださった方々もいらっしゃり、本当にありがとうございました。また絵本作家の大先輩の方々も見に来てくださり、うれしくて感謝でした。

愛知県から来てくださった方、りんがふらんかの常連さん達にも見ていただけました。伊豆高原教会のみなさま、また牧師先生の恩師の先生も見てくださいました。

在廊している時間が少なかったのでお会いできなかった方々もおおくて残念でしたが、なにより作品を見ていただけたことに心からの感謝です。



絵本「くりすますーかみさまのおおきなプレゼント」の原画をメインに。至光社しゅっせきカードのクリスマスや冬の絵を集めました。

また、りんがふらんかの展示用の壁はやや奥にあり、小さな細かい絵は見ずらいこともあり、大きめのシルクスクリーンの絵も展示しました。久しぶりにシルクスクリーンの作品をひっぱりだして。また制作したくなりました。活版印刷、リソグラフ印刷、シルクスクリーン、いろんな印刷どれも味わい深いのです。手描きプラスαあるのがいいんです。印刷工程を通して自分で描いた絵がちょっと別モノになる感じ。インクの乗り、かすれやちょっとしたズレ、1枚1枚どこか違うので、いちいち感動してしまいます。



りんがふらんかの建物も年代物。

家具も和の骨董で大切な物ばかり。展示方法も工夫次第でいろいろ楽しめます。



土曜日には、庭の落ち葉の絨毯の上で、field fingerさんのワークショップもあって、私はリースを作りました。伊豆高原教会のクリスマスマーケットからリース作りにはまってしまいました。「伊豆高原は素材の宝庫」だそうです。夏場やっかいなツル草も、冬場には重宝されるのです。無駄なものはないな〜



りんがふらんかのヤギのやたろうくん。



活版印刷+シルクスクリーン作品




神である主の霊が、わたしの上にある。

主はわたしに油をそそぎ、貧しい者に良い知らせを伝え、

心の傷ついた者をいやすために、わたしを遣わされた。


捕われ人には解放を、囚人には釈放を告げ、

主の恵みの年と、われわれの神の復讐の日を告げ、すべての悲しむ者を慰め、

シオンの悲しむ者たちに、灰の代わりに頭の飾りを、悲しみの代わりに喜びの油を、

憂いの心の代わりに賛美の外套を着けさせるためである。


彼らは、義の樫の木、栄光を現わす主の植木と呼ばれよう。


Isaiah 61:1-4



Merry Christmas!


主イエスさま、ご降誕くださり、ありがとうございます。




bottom of page